2015/07/10

治療の大誤算

一昨年、乳がんと宣告され治療フローの説明を受けた。
治療はいわゆる「標準治療」であり、まず乳房温存術による手術、抗がん剤治療、分子標的薬治療、放射線治療、そしてホルモン剤治療、ただ淡々とこなすといった具合で、手術からここまで約1年7か月が過ぎたのだが、当初感じていたのと違うのは「すっきり治った」という感覚がないことだ。

たぶん、私は幸いなことに大病というほどの大病をしたことが無かったのもあるだろうし、また、身内にがん患者はおらず治療によってどのように体調が変わるのか想像に限界があったからだとも思う。

医師や看護師から事前に術後のケアや副作用対策は受けていたとしても、個々によって強く出る、やや出る、全くでない、殆ど出ない、そんな副作用については結局は対処療法が殆ど。しかも、治療というより緩和だということに当初気が付いていなかった。
よく考えたら、日常かかる病気だって熱が出たら解熱剤であったり抗生物質であったり、また、骨折なら添え木をして固定して‥時間の経過と治癒力にかかっているところなのだけど、例えば風邪だったら治ればスッキリする。
乳がんだって(転移していなければ)ちゃっと患部をとって、抗がん剤も放射線治療もエビデンス通り回数こなしたら終わりで、その後は定期的に経過をみていれば良いのだろうという、脳天気にあっさり思っていたわけだけど、実際治療に入ってみるととっくの昔に終わった抗がん剤の副作用が今になって響いて来たり(※)している。
(※ 抗がん剤副作用の骨髄抑制により貯蓄鉄がなくなったのか、絶賛鉄欠乏性貧血中)
髪の毛なども生えてきたし爪も伸びているけど、なんだか弱弱しい。

治療に入る前と実際治療を受けてからのギャップ。いや誤算。
甘かったといえば甘かったのだろうけど、もうちょっと事前に知っておきたかったな。

---------------

たくさんの仲間が頑張っています。
応援お願いします。
  ↓. ↓  ↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

---------------