2015/06/17

働きながら癌治療の弊害

抗ガン剤やハーセプチンなどの薬剤の投与や放射線治療など終わったら、スパッとでは無くてもそれなりに体調が戻ることを期待していましたが、まだまだ本調子には遠い日々。

もともと夏に弱いので、これからの時期ちょっとした事でも調子を崩しそうで自信がないのです。

職場にお願いして、今年も在宅勤務日を許可して貰いました。
週2日ですが、心理的にも楽です。
時間通りに定時でスパッと終わらせられるので、今日はジムに行ってストレッチポールを使った筋膜のリリースをしてきました。

働きながら治療ができるのはありがたいしワガママだとは思うけど、身体を休めたい、もう自分と自分の身近な人のことを中心に生活したい。周囲や社会に人生の一部を差し出す余裕なんて、今の私にはないじゃないの?
そんな気持ちと、治療中に色々恩恵を貰った分、仕事頑張ってあちこちに恩返ししなきゃという気持ちと行ったり来たり。

がん患者の就労。
一工夫も二工夫も必要ですね。

---------------

たくさんの仲間が頑張っています。
応援お願いします。
  ↓. ↓  ↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

---------------