2015/05/20

合成甘味料の発がん性

○クルトのミ○ミルSを以前よりよく飲んでいたのだけど、原材料名はインターネットで見ただけでじっくり商品に書かれているものを見たことがなかった。
サイトには次のように内容成分が書いてある。
 食物繊維:2.5g、カルシウム:100mg、鉄:4mg、ビタミンB6:1.2mg、ビタミンB12:2.4μg、ビタミンE:8mg、葉酸:200μg、ガラクトオリゴ糖:1.0g、コラーゲン:100mg 
http://www.yakult.co.jp/products/component.html 
と、この部分しか確認していなかった自分が悪いんだけど、個別の紹介ページで原材料を見たら 
脱脂粉乳、還元麦芽糖水あめ、ポリデキストロース、ガラクトオリゴ糖液糖、コラーゲン(ゼラチン)、甜茶エキス、安定剤(ペクチン)、香料、ビタミンE、ピロリン酸鉄、甘味料(スクラロース)、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12 
http://www.yakult.co.jp/products/item0169.html 
とあった。

 砂糖由来の合成甘味料スクラロースは、今、いろいろな商品で使われているのだけど、発がん性や肝臓への毒性があるなどと目にする。 
一方で非営利団体カロリーコントロールカウンシルでは 「安全性を確認するために、実験動物を用いて、通常の摂取量を大幅に超える量のスクラロースを投与するという試験を行い、リスク評価をしたところ、発がん性、遺伝毒性、生殖発生異常、免疫系、中枢神経、代謝等への有害な影響は認められませんでした。」 http://sucralose.jp/facts/ 
と、うたっている。 

1999年に旧厚生省の認可を受け、食品添加物として使用が許可されたということは、日本ではまだ16年しか経っていないから人ではどういう影響が出ているか本当に判るのはこれからなのでは?

そんな事を思いつつ、結局ミ◯ミルSを飲んだのでした。

---------------

たくさんの仲間が頑張っています。
応援お願いします。
  ↓. ↓  ↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

---------------