2015/05/30

えっ、12人に1人!?

箱根大涌谷の報道が連日出る中、口永良部島の噴火、そして今夜の地震。

天変地異は過去の書物などにも多数書き残されていますが、祈祷に頼る時代や鯰が暴れてると言っていた時代に比べたら科学の進歩は格段ですね。
それでも地震予知は難しく、ましてや地震が止められるわけでもなく、人は今最大限出来得ることを努力するしかないのですが。

病気だって、昔は死病でもあった例えば結核などは現代では大幅に亡くなる方が減る一方で、また新たな病が見つかったり起こったりしています。
癌も同様で、昔はすぐ「死」を連想させられていましたが早期発見のおかげで患者数は増えても亡くなる方は減ったり、また、昔は日本人には少なかった種類だったのに、というのもあります。エビデンスや診療の体制が確立したおかげで、治療方針や対策も立てやすくなり患者の負担も以前に比べたら軽くなっているようです。

乳がん患者は増え続けています。
最近の調査では12人に1人の割合だそうです。このままでは10人に1人を割り込む事も可能性としてありそうです。

乳がんは早期発見すれば治癒率が高いがんです。
ですが、まだまだ検診を受けない人も大勢います。無料のクーポンが自治体から配られても来ない人は来ない。健康な時は何も思わないものですからある意味仕方ないです。

ただ、乳がんになった時の辛さやその後の治療での状況は知って欲しいです。
私たち患者も、いや、乳がんサバイバーだからこそ周囲の人に乳がん検診受診のおすすめができるはず。
ましてや情報発信を、これまでそういうツールを使えなかった一般の人が容易にできるような時代になりました。
どんどん増えてる罹患者が次年度は止まりますように、また、早期発見で亡くなる方が減りますようにと思いながら、ブログを今日も書いてます。

まだ乳がんになっていない方。
私は身内にがん患者いないからと安心している方。
脅すわけじゃないですが、乳がんになる人は特別な人ではありません。ぜひ、定期的にマンモグラフィーやエコー検査を受けてくださいね。

---------------

たくさんの仲間が頑張っています。
応援お願いします。
  ↓. ↓  ↓ ↓
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

---------------