2015/03/23

不安、お見通し。

今月末で定年退職を迎える部署トップの送別会でした。

お酒大好きのおじちゃんですが、だいぶご機嫌になった頃に隣に来て
「治療もひと通り終えて、髪の毛も男子高校生位伸びたけど、体調どう?走ってるの?」とニコニコしながら尋ねてきました。
「おかげさまで、山歩きしたりしてます」
と答えると
「俺も入院して胆のうとった後体力落ちて、何とかしようと思って頑張ったんだ。今ではサッカーの審判の資格取って走れるようになったんだよ。体力落ちて不安かもしれないけど、心配しなくていいよ」
と。これにはビックリ。

ハーセプチンも終わりお山歩きやジム通いなど、体力回復に向けてジワジワ刺激を入れているものの、思うように体力が戻っている実感はなく不安を感じる事も多いのですが、そんなこと一言も言っていないのに判っちゃうなんてスゴい。

さすが気配りの人。

仕事での接点はなかったけど、ちゃんと見てくれていたんだなと思ったら、涙出そうになりました。