2015/01/27

「乳癌」は「乳岩」

1804年、世界で初めて全身麻酔による乳がん摘出手術を成功させたとされる江戸時代後期の外科医、華岡青洲。乳がんの外科手術記録をみると、そこには今のように「乳癌」ではなく「乳岩」と書かれているそうです。「乳岩姓名録」には156名の乳がんと見られる患者さんの手術の記録があるとか。

海外では古代ギリシャのヒポクラテスが乳がんの外科手術を行ったという記録があり、そこには摘出した腫瘍の形がカニと似ていると記されているのだそうですよ。