2014/11/28

漢方薬の飲み方

ホットフラッシュの緩和に漢方薬を使うという話をよく見聞きします。抗がん剤の副作用で浮腫みが出ていた時は「牛車腎気丸」を使ってました。

漢方は乳がんになる前からよく使ってきました。マラソン大会やトレランの大会の時には「芍薬甘草湯」を、足が攣った時に備えて持って走るんです。
漢方って、ゆっくり効くイメージがありますが、芍薬甘草湯は数分で効きます。最初は整形外科で勧められたのが使い始めたきっかけですが、いろいろ聞くと登山やハイキング、自転車の方でも愛用している方は多いようです。

入院時に薬剤師さんに教えて頂いたのですが、「湯」とつく漢方はお湯に溶かして飲むとより良いけど、病院で処方されるような顆粒タイプの現代の漢方はお水で普通に飲んでも大丈夫だそうです。