2014/11/16

抗がん剤副作用とカルニチン

今日はベランダでジンギスカンランチをしました。
子供の頃、自宅にジンギスカン鍋がありましたが、多分両親が北海道出身だったからでしょうね。

ラム肉といえばカルニチン豊富で知られていますが、抗がん剤の副作用である倦怠感や抑うつ気分を軽減する効果がLカルニチンにはあるそうです。
サプリメントでLカルニチンは購入できます。私は以前スポーツ用品店で見かけた記憶があって、スポーツ用品店で購入しました。インターネットショップでも買えます。
確かに飲むようになってから受けた抗がん剤の後は筋肉痛みたいな怠さは、軽くなったような気がしました。
カルニチンは脂肪燃焼を促進する作用があります。アセチル基と結合したアセチルLカルニチンは中枢神経や末梢神経系に存在していて、神経細胞のダメージの修復や軽減をするのだそうです。末梢神経障害が出る抗がん剤の副作用軽減効果が動物実験でもわかっているそうです。