2014/10/30

「無理だよ、ガンなんだから」

今日はハーセプチン12回目で、定例の通院デー。そして混み合う待合室。
予約時間に行っても投薬が始まるまでの時間が長ーいのも恒例行事である。
図書館で借りた本も、読んじゃったし。

「無理だよ、ガンなんだから」
奥さんに付き添う旦那さんが、そう言ってアレコレ言う奥さんを諌めてるのが聞こえた。押し黙る奥さん。

「無理だよ、ガンなんだから。」うーん、自分の中にその考えはなかったな。
もちろん、以前に比べたら出来ない事はある。ジョギングだって前より遅くしか走れないし、距離も踏めない。仕事してると、ウッカリもよくやるし、一日中マウス握る仕事なので傷跡痛くなる。家でのんびり、好きな事だけしてゴロゴロしたいなぁと思う。

抗がん剤治療中に副作用ひどかった時は「無理!動けん!(今は)」と思ったけど、「ガンなんだから無理」とは思わなかったなぁ。
今出来ることをすればいいや、と思っているからかな。そのうち、ちょっと出来るようになると思っているからか。いやいや、楽天的過ぎるのか。

ところで、私の順番はまだまだですかー。