2014/10/31

体温が上がった!

週に一度ストレッチに通っている。

ラストケモから3週間程で浮腫みがひどくなり、くるぶしが見当たらない程の足首になった頃は毎週足のマッサージに行ってたけど、それから更に2ヶ月経ってからはストレッチに変えた。マンツーマンでトレーナーさんがストレッチしてくれる。自分でやるのと違い手加減ないので痛いときもあるけど、終わったらすっきりだ。

もともと身体が堅かったけど、それでも走るためにストレッチして少し人並みに近づいたのに、ケモに筋肉がやられたのか当初は前屈しても床上15cm近くという有様だった。
それから3ヶ月半。前屈するとべたっと手のひらがつくようになっている。
人って幾つになってもどんな環境でも成長するんだね。術側の腕が上がりにくくて困っていたが、それも随分と楽になった。

ストレッチ効果なのか、ストレッチで身体が動きやすくなって運動しやすくなったためか、抗がん剤治療期間終えてむくみとれて来た後の平熱は36.6-36.9度。手術前は35度台が普通だったのに。
ストレッチ効果実感。ありがたや。

2014/10/30

「無理だよ、ガンなんだから」

今日はハーセプチン12回目で、定例の通院デー。そして混み合う待合室。
予約時間に行っても投薬が始まるまでの時間が長ーいのも恒例行事である。
図書館で借りた本も、読んじゃったし。

「無理だよ、ガンなんだから」
奥さんに付き添う旦那さんが、そう言ってアレコレ言う奥さんを諌めてるのが聞こえた。押し黙る奥さん。

「無理だよ、ガンなんだから。」うーん、自分の中にその考えはなかったな。
もちろん、以前に比べたら出来ない事はある。ジョギングだって前より遅くしか走れないし、距離も踏めない。仕事してると、ウッカリもよくやるし、一日中マウス握る仕事なので傷跡痛くなる。家でのんびり、好きな事だけしてゴロゴロしたいなぁと思う。

抗がん剤治療中に副作用ひどかった時は「無理!動けん!(今は)」と思ったけど、「ガンなんだから無理」とは思わなかったなぁ。
今出来ることをすればいいや、と思っているからかな。そのうち、ちょっと出来るようになると思っているからか。いやいや、楽天的過ぎるのか。

ところで、私の順番はまだまだですかー。

2014/10/29

ラストケモから5ヶ月、指のこわばりその後

最後のドセタキセルが終わって1ヶ月頃から出始めた、指のこわばり。
最初は、朝起きて早々はちょっと曲がりにくいな、という程度がだんだんとできない状態が長くなって、夜中に起きると強張ってグーが出来ない、朝起きてから小一時間くらい指が曲がらない、日中も昼くらいまで感覚が変という状況になりました。
夜中に起きて指が強張っていると、洗面所の引き戸が開け閉めし辛く、無理に力入れると痛むので困っていました。

主治医に言うとドセタキセルの影響でしょうとのこと。私自身はドセの前にやっていたFECの2回目から月経が止まってから約6ヶ月、更年期障害の関節炎みたいなものかな?とも思ってました。

それから更に4ヶ月ちょっとが過ぎ、ようやくここ1-2週間で、強張る時間が減ってきたかな、という実感があります。
夜中や朝起きた時にまだグーは出来ないのですが軽くは曲げられるし、グーが出来ない時間が短くなってきました。このまま軽くなってくれるといいのですが。


2014/10/28

医療費軽減ノウハウ! タイミングで得するケース、損するケース

「あっ、そう言えば」ってヒントになればいいなぁと思いつつ医療費に関するお話しを書いて、paradise monkey 医療費でまとめてます。

久々に医療費話を。
加入している健康保険組合によっては、付加給付金制度というのがあります。(詳しくは以前 健康保険組合によって違うサービス という記事に書きました。) 組合によっても仕組みが若干違いますが、高額になった療養費から一定の金額を差し引いた金額…20,000-25,000円をよく見聞きします…を負担してくれるありがたい制度です。

入院か通院か毎、病院毎、月毎になるので、例えばある月に2つの病院に通い、それぞれが規定の金額を越えて付加給付金対象になったら、それぞれから定まった額が引かれてしまうのです。

また、月がまたがるとやはりそれぞれから引かれます。例えば25,000円が控除される健康保険組合に入っている場合で、放射線治療などで毎日通院で25回通って合計125,000円かかったとします。10月1日から1ヶ月での支払いがそれなら100,000円戻ってきますが、10月16日など月半ばから通うと10月31日迄に支払った金額に対してマイナス25,000円、11月1日以降の支払いに対してまたマイナス25,000円となってしまいます。

月半ばでもいいからさっさと放射線治療済ませるか、それとも区切りの良いところからスタートするかは本人次第ですが、先に加入している健康保険組合に確認すると、もしかしたら例のような事例があるかも知れません。

付加給付金制度の有無は健康保険組合によってあったりなかったり、またあっても控除額や手続き方法などがまちまちなので、ご自分の健康保険組合に確認してくださいませ。

普段は気にしない医療費ですが、大病の時はうまくこういった補助などを活用して負担軽減しましょう。

これまで紹介した、医療費の話
1. あれっ、がんで住宅ローン免除?!「どきっ」‥としたけど一瞬でした
住宅ローン申込者で団体信用生命保険に入っている方、要チェック! もしや住宅ローン負担が軽減されるかも。
2. 高額療養費が続くと窓口負担が軽くなるケース
過去12カ月間で何回か高額療養費対象ありませんでしたか? 複数回あると自己負担限度額が8万円台から4万円台に減ることが。
3. 院外処方箋も、合算で高額療養費対象になるかも
健康保険組合によって、院外処方箋を外来通院費に合算してくれることもあるんです。(院外処方箋について)

その他、毎月の窓口支払い負担を減らすには「限度額適用認定証」の活用を!

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村

2014/10/27

お山走り女子必見、ハイドレパックUltrAspire Astralが来た!

アメリカのオンラインショップで買った、トレラン用のハイドレーションパック"UltrAspire Astral"が着ました。
ファーストクラス(定形外普通郵便みたいなもの)なので、USPSの荷物追跡サービスでロサンゼルスの集荷場を出たところまでしか追えず、先週の月曜以来音信不通でしたが今日届きました!発送が16日だから10日目で来たことになります。

今も小さいベストタイプを使っていて軽くて便利なんですが、前にポケットがないのが難点。今回一目惚れして買ったパックは、前に大きいポケットが2つ。この大きさならボトルが入るし、スマホや携行食を入れても余裕です。

しかも女性用。まだ日本では女性用としているアイテムは取り扱いが少ないので、インターネットショップで買えるのは助かります。
送料こみでも1万6,000円もいかなかったので関税も掛からずでした。

色はブルーとブラックがあり、ブルーを最初希望でしたが入荷は来月とメールが来たので、ブラックに変えてもらいました。

届いてみたら、ブラックもなかなか良かったです。

一昨日山に行ったばかりですが、早く週末来ないかな。なんて。

2014/10/26

治療中役立った物

にほんブログ村経由で他の乳がんblogを拝見していると、抗がん剤治療を始められたり、これから手術を迎えられる方などもいらして、一年前くらいの自分の心境を思い出します。

手術をしたのは去年の11月14日。何せ入院自体が初めて、手術も初めて。麻酔かかるとどうなるんだろうとか不安もあるけど、こうなったら少しでも快適に入院生活を送ろうと思ってました。
更に手術終えたら抗がん剤治療で脱毛、爪が傷む、気持ち悪くなる、浮腫む…様々な副作用の情報を病院の先生や看護婦さん、本や乳がんの先輩方のblogなどで見て、何を準備しておけば良いかなぁとかアレコレと調べてました。

ブラはワイヤー入りは暫くできないとの事で、前開きのタイプを買いました。入院中やその後暫くはマジックテープで開け閉めできるタイプ。また普段は西松屋さんで買った2枚で999円の授乳用ブラです。


医療用グッズのインターネットショップで買った前開きのブラはしっかりしていて、マジックテープがホント楽でした。脇も深いです。お値段は良いけど放射線治療の時も脱ぎ着ぐ楽で使い倒しました。

西松屋さんの授乳用ブラとの比較。術後はこれくらい余裕があると楽です。

まだ授乳用のブラは使ってますが、脱ぎ着が楽なのでという理由で…そろそろワイヤー入りを試しても良いのかも知れません。

FECで脱毛するのはわかっていたので、ウィッグは脱毛前にインターネットで購入して、行きつけの美容院で自分の輪郭にあわせてカットしてもらいました。そのまま使うより、自然になるのでオススメです。


脱毛はFEC初回投与から14日目前後から始まりました。3日間でごっそり抜けました。お風呂場でシャワーの水圧で流して抜いてました。
自宅にいる時は抜け毛が気になるので、九州のインターネットショップで買ったオーガニックコットンのキャップをかぶってました。肌触りがいいし、暖かいし汗も吸うのでこれもよかったです。同じお店では帽子の下にかふる帽子というインナーキャップも売っていたので、ウィッグを被る時に今も使ってます。これも肌触りが良いのて、あとで買い足しました。ウィッグのお店で一緒に買ったインナーキャップよりもずっと良かったです。

爪が傷むのに備えて、ナイロンの手袋を買いました。洗い物をする時もしたままでできるということで、念の為買いましたが、私は殆ど使っていません。
でも、洗い物が多い方はあって安心かと。なお、私は足の指の爪はあとからポロリととれた箇所もありましたが、手の爪は無事でした。二枚爪になったり折れやすくはなりましたが、抗がん剤中の部分が伸び切ったら大丈夫になりました。

足の浮腫みには着圧ソックスを買いました。
まぁ、むくむ時はとにかく浮腫むのですが、午前中しておくと午後多少楽になりました。抗がん剤治療前はそれ程浮腫みを感じてなかったですが、全身の浮腫みがなくなった今も、術側の足は浮腫みやすいですので、着圧ソックスはまだ使い道があるかなと思います。

脱毛中もウォーキングする時はウィッグは汗かきそうだったので、和手ぬぐいをしてました。
温泉旅行に行く時は、和手ぬぐいをかぶったりシャワーキャップをかぶったりしてました。
旅館のアメニティでよくある透明のシャワーキャップなら、和手ぬぐいか和手ぬぐいの上にシャワーキャップでも良いかも。

足の浮腫みに備えて、職場ではナースサンダルを用意。

マジックテープで調整ができます。
…浮腫みがひどい時に撮った写真なので、足首手首がないですね。

あとは何と言っても「うさぽんバッチ」。
通勤で優先席に座っている時は、これ付けてると気が楽です。優先席ではない箇所で譲って頂いた事もしばしば。あまり目立たない場所につけていても、可愛いデザインだからか親切な方の目に止まってご厚意に甘えました。(ありがとうございました。)

手術終え、抗がん剤(FEC、ドセタキセル)、放射線治療を終え、ハーセプチンと抗ホルモン療法中ですが、少しづつ体力も回復してジョギングや山歩き、トレランにも行けるようになりました。治療が始まって早々の方は、先々考えると気にかかることもあるかも知れないけど、こんな人もいるんだなぁと思って頂いて安心の足しになったら嬉しいです。

2014/10/25

箱根トレイルでトレラン

次のトレラン大会にあわせて4時間半動く事を目標に、箱根トレイルに行ってきました。

紅葉にはまだ1-2週間早かったですが、それでも秋らしい草花を見かけては写真撮ってました。



早々から膝にきちゃったので、トレイルランニングというよりトレイルウォーキングでしたが、乳がん発覚前にきて以来の箱根トレイル気持ちよかったです。

途中でお会いした山歩きに慣れてそうな年配の男性と暫くお話したところ、その方もがんサバイバーさんでした。
2度のがん治療は大変だったようですが、今は体力を落とさないようにと山歩きを続けておられるそうで、心強い気分になりました。がんサバイバーの先輩方がそうやって頑張られているのを見聞きすると、ほっとします。

去年乳がんしまして、と言ったら「えっ、もう運動大丈夫なの?3年くらいは…とか聞くけど」と仰るので「そうなんですか?先生が良いよ良いよと言うので調子に乗ってやってます」と答えたら笑われて「まぁ、身体動かした方が気分転換になるし体力つくしね!」と言われました。
再発してもしなくても、基礎体力はつけるにこしたことはないし…頑張ります。

2014/10/24

がんサバイバーというプライド

手術跡が痛かったり、以前より浮腫みやすかったり怠かったりと日によってまだまだだけど、手術や抗がん剤、放射線治療としんどい時間を費やして頑張ってきたから、身体は乳がんが見つかる前ほど元気じゃないのにがんサバイバーのプライドみたいなものはちょっと感じる今日この頃。
乳がんの傷跡も頑張った勲章の様に誇りに思っている自分って変かな?

今週もお疲れさまでした。
明日はお山で歩いて走って汗かいてきます。
皆様良い週末を。

2014/10/23

毎日りんごで内臓脂肪が

先日も書きましたが、毎日りんごをお昼に食べるようになって約1ヶ月。内臓脂肪が少なくなりました。やったー。
毎朝りんごを1個分くし切りして、ジップロックに入れて仕事に持って行き、お昼を食べる前にりんごを食べてます。
2-3切多いので、残してオヤツに食べたりして。
ウォーキングの成果とりんごのおかげで、体も動き易くなり体脂肪率も下がりました。
りんご様様です。

因みにりんごは、先日トレイルランニング大会に行った際に寄った道の駅で買った「しなのドルチェ」が美味しくて、後でネットで検索し生産者さんに直接送って頂きました。しっかり身のしまったりんごは、食べ応えがあって満腹感がありますね。
「しなのドルチェ」はもうシーズンが終わるので、今食べているのが無くなったら来年までお預けです。

2014/10/22

責任は。

不安と失意の中で情報を取捨選択し、結局、自分の都合の良い内容ばかりを受け入れてしまう事は多かれ少なかれあるし、副作用などが余りに辛いときなどで普段主治医を信じていてもその言葉を疑ってしまう事があるのは、患者だもの、仕方ないと思います。
時間が限られていると思えば、答えのみを急いでしまう心理もわかります。

ただ、そういう状態の見ず知らずで病状も把握してない患者さんに無治療を推める側の心理がわからない…。
責任取れないんだから。

癌再発で、失意の中たまたま出会った無治療にすがるように「治る!」と信じて選んだ乳がん患者さんのblogを今日目にしました。信じて信じてメソッドをきちんと実践されて、でも、最期は…。読んでて辛かったです…。

2014/10/21

軽井沢の帰りに-嬬恋村のカフェ六花

嬬恋村の六花さん。

軽井沢の帰りに鬼押出しに行き、お昼を食べようと嬬恋村に行って見つけた素敵なカフェです。
オープンして一年だそうで。

嬬恋村のあまーいキャベツたっぷりのサンドイッチが美味でした。
お店で焼いてるパンも本当に美味しくて、買って帰りました。




軽井沢と嬬恋って近いのですよね。
軽井沢に行く方にぜひお勧めします。

カフェ&ベーカリー 六花
群馬県 吾妻郡 嬬恋村鎌原 2015-58
http://6fleurs.com

2014/10/20

退院11ヶ月後…高尾山でトレラン

昨日は、先週末に続き高尾山でまたまたトレランしてきました。登りもサクサク歩けて体調も良かったので、いつもより足を伸ばして景信山も登り山頂でおにぎり食べて戻ってきました。

高尾山〜陣場山で私が嫌いなのは景信山で、ここの急な登りがイヤで先週も先月も手前の小仏城山で戻ってきたけど、何とか登りきれて安心しました。もっとも、以前は小走りで登れた箇所も息弾ませてようやくの歩きで、でしたが…。

ただ、前みたいに高尾山〜陣場山往復できるようになるのはいつなのかわからないけど、確実に脚の筋力がついてきた実感があります。慌てず焦らずゆっくりのんびりで、いつかきっと。

陣場山頂から

裏高尾の林道途中で

紅葉はまだまだでした

手術して退院してからちょうど11ヶ月。着実に回復中です!

2014/10/19

乳房再建で傷痕残らない新手法

乳房再建で傷痕残らない新手法 皮膚伸ばし、自然な形に(朝日新聞デジタル) - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141019-00000011-asahi-soci

もともとは美容医療の手法で、
「脂肪注入の前後に4週間ずつ、胸に装置を1日10時間つけ、皮膚を伸ばした後、おなかや太ももから吸引した脂肪を針で胸に注入する」とな。

2014/10/18

ホルモンヌ…(でも)痩せられたよ

抗ホルモン剤を飲み始めて8週間経ちました。担当医から「ちょっと太るよ」と聞かされ、そりゃいかん(汗)とひとまず人間ドックに向けて食事に気をつけていたのが功を奏したのか、痩せられました!
体重は手術前が0とすると、抗がん剤始める頃に+1.5kg、抗がん剤ドセタキセルの副作用で浮腫みまくりMAXで+5.5kgになり、その後じわじわ落ちて+2.0kgまで戻ったところで抗ホルモン剤治療になり、ようやく最近0に戻りました。運動と毎日、お昼とオヤツにりんご(1日1個)を食べていたのがきいたのか、体脂肪がだいぶ落ちました。
来月大会もあるし、筋力つけて基礎代謝量上げたいな。筋肉で重くなるのは歓迎だけど(代謝アップするから)、もう浮腫みは勘弁です。

浮腫みと言えば…浮腫みほぼMAX(最後の抗がん剤から5週間後)6月下旬はこんな感じでした。


それが今は、

になりました。
爪はまだ汚いけど…良かった良かった。

2014/10/17

奥沢のOYATSUYASUNで"口福"のひと時

奥沢にあるOYATSUYASUNに行ってみたくて機会をみていたんですが、ようやく人間ドックの帰りに寄れました!


OYATSUYASUNが入っている他のコーヒーショップが職場から歩いて15分程の所にあるので、お昼休みに頑張って行ってたんですが、念願叶いました。次は国立のほうに行きないな。



走っていたので前々から食べ物は無作為に口にしないようにしていたんですが、がんサバイバーになってからは一食一食より大事にしたくなってきました。欲張りかな。

2014/10/16

減りっぱなしの白血球数

今日は人間ドックで採血をしたのですが、速報値で結果を貰ったら白血球数が3,000でした。ちょうど1ヶ月前にいつもの病院で行った検査も同じような数値で、主治医は「抗がん剤の影響だね」と言うだけで特に何もせずと言う感じでした。
抗がん剤治療していた時は、1,500まで毎回下がって、都度注射して上げて次回の抗がん剤治療を受けるという感じでした。
髪の毛や爪も生え、体調も戻ってきた感じがしていたものの、まだまだ彼方此方に抗がん剤治療の爪あと的なものがあるんでしょうか?
浮腫みも殆どなくなり、起きたときの手足のこわばりはだいぶ軽くなって曲がるようになるまでの時間も短くなったけど、月のものはまだ戻ってきていませんし。
去年の健診では5,000あった白血球数、いったいいつ復活するんでしょうね。