2014/07/05

乳がん再発予防と運動

大概の病気予防に、運動を勧める記事や医師の話は多い。乳がんのリスク要因テストなどでも、運動をしているか否かの項目があったはず。

私がジョギングを始めたのは4-5年前。BMI指数は一番細い時で17.5まで下がったけど、乳がんが判るまでは17.7前後だった。健康診断で引っかかる項目は、コレステロール値が上限ギリギリだった。食べ物もすごく気を使って、野菜は一日350g食べるようにしたり、ファーストフードやジャンクフード、お菓子類は口にしないように、油物は控えめにもしいてた。

運動はしないよりする方がいいと思う。過ぎたるは及ばざるがごとし、だけど、運動ってどこまで有効なんだろうか。

身体活動によって乳がんによる死のリスクが減るのは、ホルモン依存性の乳がんにおいて特に顕著であったという。
ただ、疲労が翌日に残るような過度の運動はガン再発予防の点からは進められたいそうだ。

ところで、あのリスク要因テストって意味あるんだろうか?
自分の家系にガン発症者は誰一人としていない。父方も母方もみんな長生きで、特に女性は80代まで生きてる。
どうして自分が乳がんになったのか、考えても仕方がないとわかっているんだが、何だかキツネにつままれたような気分なのは相変わらずなのだ。

今日からストレッチ専門店に通い始めた。もともと身体がかたくて、運動始めたら少しはマシになったのに、すっかりなまって、再びかたくなっていた。また一から始めよう。

今日は横になっていた時間が多かったからか、あまりむくまず。薬は処方かれたビタミン剤とビオフェルミンのみ。