2014/06/21

抗がん剤の副作用まとめ~FEC編

トリプルポジティブの自分は2013年11月14日に右乳房温存手術+センチネルリンパ節生検、FEC4クール、ドセタキセル+ハーセプチン4クールを済ませ、現在放射線治療(25回/5回終了)と残りのハーセプチン(14クール/1クール終了)をしています。
放射線治療が終わったらホルモン治療も始まるのかと思いますが、忘れにないうちに抗がん剤の副作用まとめを記します。

まずは、乳がんサバイバーの先輩方に敬意を表します。blogなどで手術や副作用などについて書いてくださっているおかげで「これから自分に起こること」が想像できました。
副作用は人それぞれ、感じ方も出も違いますが、自分の副作用の覚書もどなたかの参考になればと願ってます。

乳房温存手術後1ヶ月して始まった抗がん剤治療。
まずはFECから始まりました。3週間おきに4クール。12月13日、1月10日、1月31日、2月21日に行いました。
FEC投与後2週間目に採血検査があります。FECは白血球数が少なくなる副作用があり2週間目頃が顕著だからです。1クール目だけ1週目にも採血がありました。どのくらい落ちるかを見たいためと主治医から聞きました。

副作用は一般的にFECで出ると言われているもの毎に以下まとめます。
こうして出るといろいろ副作用は出ましたが、パターンがあるので1クール終わると2クール目以後は副作用に備えることができました。

■血管痛
FEC投与前日、左上腕(ひじのちょっと上、内側)CVポート埋め込み手術をし、翌日から投与に使いました。なので血管痛はありませんでした。
ただCVポートを埋め込んだあと血管にそって痛みがあり、炎症を起こしているためではないかとの話でした。
写真は現在のCVポートの状態です。(写真上が手首側。)赤い線は埋め込み時の手術跡で、その右側の黒っぽい場所がCVポートの入っている場所です。
CVポートはハーセプチンが終わったら抜きます。

■吐き気
お酒に弱く、また車酔いもしやすいので吐き気が心配でした。
つわりが酷かった方は吐き気も強いと聞きましたが、自分は経産婦ではないため、比較できません。
FEC点滴時に一緒に吐き気止めを入れて貰い、飲み薬も出してもらいました。
各クールとも最初の1週間がむかむかしていました。でも、飲み薬はひどくなったら飲もうと思いながら殆ど使わずに済みました。

■味覚障害
水を飲むのが辛かったです。最初の1週間程度で落ち着きました。味を感じないので食事がさみしかったです。ドセタキセルの副作用のような痺れは少なかったです。

■便秘
下痢か便秘か、という話でしたがもともと便秘がちの自分はやはり便秘でした。最初の1週間が辛かったです。
最初出して貰った便秘薬は効きませんでした。自分にあったお薬を出してもらうようにお願いして正解でした。マグミットに変更してもらったら少しマシになりました。1週間のガマンです。

■発熱
1クール目投与後11日目の朝に微熱が出て徐々に熱があがり、夜中から38℃台が続きました。最高で39.77℃出ました。最初投与時に3日で平熱になると聞いていましたが、その通り丸3日で平熱に戻りました。
予めそれように処方されていた抗生物質を、微熱が出た朝から1週間飲みました。
2クール目からは予め1週間目から抗生物質を飲むようにとのことで、微熱は出ても高熱は出ませんでした。
自分は平熱がやや低い(35.7℃前後)なので、微熱でもちょっと辛かったです。ここ数年ランニングをしていたので風邪には気をつけており、インフルエンザなどにもかからなかったので、40℃近い熱は久々でした。

■脱毛
1クール目のきっちり2週間目に脱毛が始まりました。毎晩シャワーの水圧で流して3日間で大方が抜けました。
ちょうど年末年始で会社が休みの時で良かったです。起きてるとき、寝るときも帽子をかぶってました。
どこか1箇所がごそっと抜けるのではなく均等に抜けてましたが、最後までなかなか抜けなかったのはもみあげ。生え始めてからも元気なのはもみあげ(苦笑)
FEC3クール目途中からぼちぼちと髪の毛が出てきましたが、抗がん剤治療中は伸びは悪くてFEC後のドセタキセルの最後のほうから目だって伸びてきました。
もともと髪のボリュームがあり、パーマがかかりにくい程の直毛です。髪質も良いほうだ思いますが、生えてきた髪は柔らかくて白髪が多いです。

ウイッグは3万円台のものを用意しました。インターネットのみの直販のものでどういうものか気になりましたが、行き着けの美容師さんに複数社のパンフレットを見せて相談にのってもらいました。
届いたウイッグは自分の輪郭にあわせて美容師さんに切って貰ったら、買ったままより違和感がなくなりました。そのままよりオススメです。

■腰痛や腹痛などの痛み
投与日翌日と翌々日は筋肉痛と関節痛が出ました。

■粘膜の炎症(鼻、口内炎、大腸)
口内炎は毎回出ましたが、うがいを毎日欠かさずして口内炎が出たら小さいうちに塗り薬をしていたら酷くならずに済みました。歯茎も腫れました。
お腹が張って腸がむくんでる(?)って感じでした。おなかぽっこり。
お尻の具合はイマイチでした(>_<)

投与後1~2週間程は舌が動きづらくてしゃべり難かったです。水洟と一緒に鼻血も出ました。

■生理
2クール目までは生理がありましたが、その後止まりました。抗がん剤が終わって1ヶ月少し経ちましたが、戻っていません。

■むくみ
最初の3日間出てました。4クール目になると少しむくみが残るようになりました。
むくみは次のドセタキセルがひどいです。ドセタキセルについては後日。

■皮膚、爪
徐々に皮膚が少し黒ずみ、シミがあちこち出始めました。また、かゆみや乾燥が出ました。
踵の皮がざらざらになったな、歩きすぎたみたいに踵が痛いなぁと思ったら硬くなりぺろんと剥けました。が、痛くなったのは1度きりでした。かゆみと肌の乾燥は軟膏を出してもらいました。
かゆみはかくと痕が残りやすいので、その後はかきむしらない様に気をつけてました。
爪は線が出たりわずかに変形がありましたが、取れたりはしませんでした。
よく手足の爪保護にアイスグローブを使用したと聞きますが、自分はアイスグローブは使ってません。
写真は一番ひどい右手人差し指です。左手爪と足はそんなに目立って副作用は出ていません。

■その他
ケモブレインなのか3クール目辺りから物忘れが酷くなりました。
かすみ目が気になり始めました。また、投与直後から数日は涙目によくなりました。まだまつ毛は抜けていなかったので、ゴミが入りやすいという理由ではなさそうです。

■貧血
たまに、座っているのにふらっと眩暈がしました。まだたまにありますが、そんなにひどくはありません。

■動悸、息切れ
ひどくはなかったですが、少しドキドキして体が重くなりました。ただ日常生活に支障はありません。

次はドセタキセルの副作用をまとめます。