2014/06/22

抗がん剤の副作用まとめ〜ドセタキセルとハーセプチン編

昨日の抗がん剤FECの副作用まとめに続いて、ドセタキセルの副作用まとめです。自分はトリプルポジティブなのでハーセプチン18クールもしますが、1-4クールをドセタキセル4クールと一緒に投与しました。
3月14日、4月4日、4月28日(25日の予定だったが自分の都合で変更)、5月16日に点滴で3週間に1度受けました。採血は点滴投与の1週間後。白血球数が一番減るのがそのタイミングだからです。(FECは2週間後辺り)
ハーセプチン由来と思われる副作用は微熱と寝汗が投与時にありました。それ以外はドセタキセルと思われます。
ハーセプチンはアレルギーで高熱があるので最初の1回は入院で受け、あとは通院で点滴でしたが、自分は予防接種などでよく熱を出すタイプなのでハーセプチンの副作用が心配で全部入院にしてもらいました。
高熱は出なかったのですが、全部で4時間半かかる時は5時間半の点滴だったので、結果的に入院でしてもらって良かったです。

- むくみ
未だにひどくむくんでいます。最初はそれ程ではなく、だいたい舌の痺れが治ってきたらむくんできて、次の投与日過ぎたらむくみが無くなると言うサイクルでしたが、最後の投与で出たむくみが、今日現在も出たままで足首が動きません。足の甲もむくんでいて、特に右側が痛くてしんどいです。
全身むくんでいるので、手術側の傷周りや腕がチクチク痛みます。
利尿剤はあまりききません。牛車腎気丸と、ビタミン剤、ビフィズス菌を常用してます。
いつ抜けるか、今も一番しんどい症状です。体重が5kg増えましたが、体脂肪計付きの体重計ではかると、明らかにむくみが原因なのがわかります…。
写真は今日現在のです。これでもだいぶマシになりました。でも、むくんだ足首にシワがついてます。足裏もむくんでいて、ももが痛くてしゃがめません。
両足がひどく捻挫したみたいな状態です。


-痺れ
投与前に「痺れが残ったらどうしよう」と気がかりでした。実際は痺れは残っていません。
投与してから一週間〜10日続きました。主に指先と舌、唇が痺れていました。
痺れが抜けるとむくんできました。

-便秘
FECの時程ではなかったけど、1週間不調でした。お尻の具合もイマイチでした。

-かかとの痛み
初回のみ、投与から1週間後辺りに痛みが出ました。4-5日で落ち着きました。

-味覚障害
刺激物が異様にピリピリと感じました。FECと違い、水が大丈夫だったのでお薬飲むのに支障がなくてマシでした。塩分が薄く感じました。

-筋肉痛、関節痛
投与翌日の夕方から丸2日間痛みがありました。ハーセプチン単独になったら出なかったので、明らかにドセタキセルのせいですね。

-口内炎
殆ど出ませんでした。

-吐き気
点滴直後に戻しました。でも戻せばスッキリ。

-脱毛
頭髪はFEC初回で殆ど抜け、途中から生えてきたものがドセタキセル後半で少し抜けましたが、僅かです。FECのような派手な抜け方はしませんでした。
眉毛とまつ毛、アンダーが抜けました。最初のドセタキセルで顔や腕、足の無駄毛が抜けましたが、早くも生えてきました。アンダーも…。
まつ毛は、最近黒いものがぽちっと出てきました。
頭髪は襟足ともみあげが生えてきてますが、頭頂部はチョロチョロです。

-その他
胃腸が重く、特に最初の1週間〜10日は「腸が腫れてる」ような感覚でした。
FECの途中で止まった生理はまだ戻らずです。
爪は取れず、FECのように波打ったりもしませんでしたが、付け根の皮膚が元気ありません。

今度は副作用に備えて用意したもの、使ったものをまとめます。