2014/04/15

乳がんサバイバーとコレステロール

月曜日から浮腫みが始まりました。今朝起きたら足首がなくなってました…。
前回も同じくらいの時期から浮腫みが始まりましたが、結局浮腫みが抜け切った感じのないまま、次の抗がん剤治療でした。おかげで体重は上昇中であります。とほほ。

さて、血液検査の度に「コレステロール値が少しですけど高いですね」と言われる私。
週に4-5回走っていて、体重もBMI指数も17.5から17.8の時ですらコレステロール値が引っかかってました。食事にも気を配っていたにも関わらずです。

女性は閉経でエストロゲンが減り、コレステロール値が高くなります。乳がんで抗がん剤治療やホルモン療法をしていると生理が止まっていますし、もともとコレステロール値が高い私はどうしたら良いのやら…と思い、先生に聞いてみました。答えは
「気にしなくていい!」
でした…あっ、そうなのね(^^;

先生によると、つい最近、朝日新聞にこんな記事があったそうです。
「日本人間ドック学会と健康保険組合連合会は4日、血圧や肥満度などについて、健康診断や人間ドックで『異常なし』とする値を緩めると発表した。国内で人間ドックを受けた人の値を調べたところ、血圧やコレステロールの値がこれまでの基準より高くても『健康』だった。学会は新基準を6月に正式に決め、来年4月から運用する予定。」(2014年4月5日付朝日新聞1面より)

掲載されていた新基準のコレステロール値を見ると、私の年齢だと今のコレステロール値は余裕で範囲以内。なんんと。

気をつけるにはこしたことは無いでしょうが、気にし過ぎも良くないようで。


参考:
291)乳がんサバイバーとコレステロールとスタチンとベルベリン
http://blog.goo.ne.jp/kfukuda_ginzaclinic/e/5b9bbe7e43ba1dd3696136f3d3c68ebf

<460>「健康」が基準緩和された!
http://apital.asahi.com/article/kasama/2014041000017.html


私が「ニュージーランドの母」と呼んでるニュージーランド在住の知人が、イースターのプレゼントだよと送ってきてくれました。

おおー、本物の鳥の巣のようだ。
早く治療を終えて、「母」に会いにニュージーランドに行きたいです。