2014/02/28

「なくしたものを数えるな」

タイトルは春山 満氏の言葉です。

"もうなくしたものを数えるのではなく、その代わり、残されたものを誰よりも磨いて、誰よりも使って、とにかく生き抜くために力をつけよう。"

進行性筋ジストロフィーという病におかされながら、介護・福祉ビジネスの第一線で活躍した春山氏が、インタビューで口にしていました。

どんなにポジティブな人でも、体調や取り巻く環境によって辛い部分や暗い部分に目をやりがちになりますが、今あるものを最大限に活かして行けば、明日はもっと楽しくなるはず。昨日、春山氏の訃報に触れて改めて思いました。

もちろん、人間はそんなに強くないから、私の考えではたまにぐちったって良いと思っています。大切なのは「切替力」(勝手に私命名)。
なくしたものを数えたらいつかは尽きるかも知れないけどそれが還ってくるわけではありません。でも、これから出会うものは生きている限り無限だから、楽しみもある。そう思えば、
「なくしたものを数えるな」
と言う言葉にうなずけるのではないでしょうか。

明日から3月。次年度に向けて、職場でも様々な話が耳に入り始めました。新しく迎える人もいて期待しつつ、一緒に成長していきたいなぁと思ったり。春はいい刺激を受けることが多くて、毎年心浮き立つ季節です。



今日は所用で早退したけど、お弁当はしっかり持っていきました。メインは牛こまとアスパラ炒め。プチトマトのサラダ、野菜塩麹漬け。ご飯にコーンとインゲン混ぜて彩りつけました。