2014/02/10

それでもわたしは…山を走りたい!

登山家・田部井淳子さんの著書「それでもわたしは山に登る」を読んでいます。
田部井さんは2007年の夏、乳がんが見つかり手術。手術直後にも山に登られたそうです。幸い初期だったそうですが、にしてもすごい!
そして2012年にはがん性腹膜炎にかかり余命3ヶ月と宣告され抗がん剤治療。手足のしびれなどの副作用で自宅の階段を昇るのも苦労されている中でも、点滴の合間に山に行き歩き続けられたそうです。
著書は登山のお話が主で闘病の様子も書かれています。豊かな文章で登山の厳しさのみならず人とのコミュニケーション力についても学べます。もちろん、乳がんの先輩として元気を頂き、また(私はトレイルランニングですけど)山の魅力を共有できる一冊として良書にあたって良かったなぁと思いながら、読み進めてます。
治療頑張って、またお山を走るぞ!!

文藝春秋webに田部井さんの文が載っています。
こちらは文藝春秋に載った田部井さんの文の一部で、先の著書と違い、田部井さんのがん体験がメインです。

さてさて。今日のお弁当は、前日に作り置きしておいたミニハンバーグがメインでした。
副菜は人参のコンソメスープ煮、チーズ入り卵焼き、プチトマト、辛子明太子、昆布佃煮。ご飯は鮭とワカメの混ぜご飯にしました。

飛び石連休の中日なので、カレンダー通りの職場は明日も再びお休み。気持ちが楽です。
帰宅したら家人が夕飯作ってくれてました。
今日も良いこといっぱいありました。感謝!